マルボラWeb情報館

スレッド作成 || スレッド一覧 || ウォッチリスト || 終了

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
セキュリティサミット2005概要 スレッド削除
No.22-1 - 2005/03/17 (木) 19:04:46 - north - ID:48o7Gkps
マイクロソフト主催「セキュリティサミット2005」
Mar.16/2005

マイクロソフトとしては「セキュリティ」を第1に考えている。
その具体的なプロダクツとしては
Windows XP Service Pack 2 , Windows server2003 Service Pack 1
今まではそのまま使う( default値 )とかなり無用心な設定だったのが
ポートなど通常は使えない状態にしてプログラムで必要な場合に開ける
ような形になるので default 設定でもまあ大丈夫になったわけです。
(今まではパンツ一枚で放り出されるのから最低限の衣類をつけるよう
 になったということです)
サーバー側での話しは割愛してクライアント側での変化として

1.悪意あるソフトウェアの削除ツール
  自分のPCがウイルスやスパイウェアに感染しているかどうかチェック
  して、感染している場合は駆除する

2.スパイウェア対策
  世界規模でのスパイウェアのデータベースを作り、プログラムの
  ダウンロードの度に、チェックを行い、怪しい時に送ると担当がチェック
  してスパイウェアと判断されるとデータベースを更新する。
  (常駐するためにレジストリを更新する場合などが判断基準ですが
   正規のダウンロードと区別するために各ソフトウェアベンダーと
   協同歩調を取る)
  AntiSpyware という名前になる予定で XP Service Pack 2
Internet Explorer 6.0 以降で動作する予定(無償扱い)
  Internet Explorer 7.0 は 2005年夏にベータ版が公開される予定ですが
  詳細はまだ公開されていません。(フィッシングにも対策を盛り込む?)

3.フィッシング、スパムメール対策
  送信者証明やいろんなフィルターを掛けてユーザーまで行かない
  ような対策を考えている。
  ウイルス検出エンジンとして Sybari という会社を買収
  Heuristic (自己経験から導くとか自分で考えるというような意味です)な
  手法で対応する。
  MSN hot mail に適用して、不要なメールが減ったのは事実のようです。

過去の Blaster virus での苦い経験からの対策です。
しかし Microsoft 一社ではできないので NAP ( Network Access Protection )
という業界パートナーでの取り組みです。
 
このスレッドにメッセージを投稿


1件 ( 1 〜 1 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

セキュリティサミット2005概要 削除/引用
No.22-1 - 2005/03/17 (木) 19:04:46 - north - ID:48o7Gkps
マイクロソフト主催「セキュリティサミット2005」
Mar.16/2005

マイクロソフトとしては「セキュリティ」を第1に考えている。
その具体的なプロダクツとしては
Windows XP Service Pack 2 , Windows server2003 Service Pack 1
今まではそのまま使う( default値 )とかなり無用心な設定だったのが
ポートなど通常は使えない状態にしてプログラムで必要な場合に開ける
ような形になるので default 設定でもまあ大丈夫になったわけです。
(今まではパンツ一枚で放り出されるのから最低限の衣類をつけるよう
 になったということです)
サーバー側での話しは割愛してクライアント側での変化として

1.悪意あるソフトウェアの削除ツール
  自分のPCがウイルスやスパイウェアに感染しているかどうかチェック
  して、感染している場合は駆除する

2.スパイウェア対策
  世界規模でのスパイウェアのデータベースを作り、プログラムの
  ダウンロードの度に、チェックを行い、怪しい時に送ると担当がチェック
  してスパイウェアと判断されるとデータベースを更新する。
  (常駐するためにレジストリを更新する場合などが判断基準ですが
   正規のダウンロードと区別するために各ソフトウェアベンダーと
   協同歩調を取る)
  AntiSpyware という名前になる予定で XP Service Pack 2
Internet Explorer 6.0 以降で動作する予定(無償扱い)
  Internet Explorer 7.0 は 2005年夏にベータ版が公開される予定ですが
  詳細はまだ公開されていません。(フィッシングにも対策を盛り込む?)

3.フィッシング、スパムメール対策
  送信者証明やいろんなフィルターを掛けてユーザーまで行かない
  ような対策を考えている。
  ウイルス検出エンジンとして Sybari という会社を買収
  Heuristic (自己経験から導くとか自分で考えるというような意味です)な
  手法で対応する。
  MSN hot mail に適用して、不要なメールが減ったのは事実のようです。

過去の Blaster virus での苦い経験からの対策です。
しかし Microsoft 一社ではできないので NAP ( Network Access Protection )
という業界パートナーでの取り組みです。
1件 ( 1 〜 1 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持


★ワンポイント
 ※ "#{xx}" で当該スレッドへリンクを設定できます。(例: #{10})
 ※ ">>xx" で同一スレッド内の当該メッセージへのリンクを設定できます。(例: >>26 >>1-100)
 ※ 名前欄に 「#passcode」を加えることでパスコードになります。("passcode"は6〜10バイトの任意の文字列)
 ※ メールアドレスを公開しないでメールを受け取るには[アドレス非公開]をチェックします。

キーワード  曖昧検索