マルボラWeb情報館

スレッド作成 || スレッド一覧 || ウォッチリスト || 終了

このスレッドをウォッチリストに追加 (ウォッチリストから削除)
Windows OS version スレッド削除
No.6-1 - 2004/02/22 (日) 15:41:47 - North - ID:nrhQkFiW
Windows OS の version について
最近は新聞などでもPersonal computer の脆弱性が報道されるような時代になりブロードバンドでの常時接続をしている場合は特に注意が必要です。ウイルスなどの被害にあわない為にも OS(operating system)などの状態をどのようにしておくべきかを少し書いておきます。(ウイルス対策ソフトについては今回省略します)

Windows OS で 2000,XP について記述します。
(95,98,MEの方、ごめんなさい)

原則として administrator 権限があるという前提です。

まず スタートからコントロールパネルを開き、システムをクリックします。(XP でカテゴリー表示に場合は2画面目になるかもしれません)
すると現在のOSのバージョンが表示されます。
Microsoft の表現としてはOperating Sysytem とそのservice pack で表示されます。
2000 ですとSP4 , XP ではSP1 が最新です。

このservice pack はだいたい半年から1年に1回新しくなります。
2000 でアップデートをしないまま3年目位ですとSP2 または SP1 のことがあります。
安全性を考えれば SP3 または SP4 にしておく必要があります。

このアップデートの為に IE (Internet Explorer) を使うのですが最近の Blasterなどは何も対策をとっていない状態でネット接続するだけで感染するおそれがあるので注意が要りますが・・・

通常の Microsoft からのアップデートは IE のツールの中の
Windows update から必要なソフトをダウンロードしてインストールします。 手順としてはWindows update から更新をスキャンする
を押すと現状のバージョンから Microsoftが必要と思われる更新の一覧が出るのでそのままボタンを押せば後は自動で行います
がservice pack の更新などは単独でしかできないので他をキャンセルして行う。
IE(Internet Explorer)などもOS の一部なのでそれらの更新も含みます。

ここでの注意事項
1. service pack の更新はサイズが大きく、時間がかかるので途中でキャ  ンセルをしないでインストールが終わるのをひたすら待つ。
2. 2000 のSP1,2からSP3への移行は直接できないのでダウンロードセン   ターから持ってきて下さい。
(http://www.microsoft.com/japan/ でダウンロードセンターを選ぶ。
  製品としてWindows 2000 を選択しキーワードとしてservice pack n   を指定する
  手順としては SP1 ==> SP2 ==> SP3 ですがサイズが大きくservice   pack の更新は128MB 位あってダイヤル回線では無理ですのでどこか  でダウンロードしてCD-R などに焼いてからインストールすること
  をお勧めします。)
3. SSL 対応になっていること

Windows update について
緊急度の差し迫っていない場合は原則として毎月第2水曜日
今まではインストール後再起動するのが通常でしたが、可能なかぎり再起動はしないでダウンロードのサイズも小さくする  というのが Microsoft からのお知らせです。
MsgType=1
 
このスレッドにメッセージを投稿


1件 ( 1 〜 1 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]

Windows OS version 削除/引用
No.6-1 - 2004/02/22 (日) 15:41:47 - North - ID:BzRH5S78
Windows OS の version について
最近は新聞などでもPersonal computer の脆弱性が報道されるような時代になりブロードバンドでの常時接続をしている場合は特に注意が必要です。ウイルスなどの被害にあわない為にも OS(operating system)などの状態をどのようにしておくべきかを少し書いておきます。(ウイルス対策ソフトについては今回省略します)

Windows OS で 2000,XP について記述します。
(95,98,MEの方、ごめんなさい)

原則として administrator 権限があるという前提です。

まず スタートからコントロールパネルを開き、システムをクリックします。(XP でカテゴリー表示に場合は2画面目になるかもしれません)
すると現在のOSのバージョンが表示されます。
Microsoft の表現としてはOperating Sysytem とそのservice pack で表示されます。
2000 ですとSP4 , XP ではSP1 が最新です。

このservice pack はだいたい半年から1年に1回新しくなります。
2000 でアップデートをしないまま3年目位ですとSP2 または SP1 のことがあります。
安全性を考えれば SP3 または SP4 にしておく必要があります。

このアップデートの為に IE (Internet Explorer) を使うのですが最近の Blasterなどは何も対策をとっていない状態でネット接続するだけで感染するおそれがあるので注意が要りますが・・・

通常の Microsoft からのアップデートは IE のツールの中の
Windows update から必要なソフトをダウンロードしてインストールします。 手順としてはWindows update から更新をスキャンする
を押すと現状のバージョンから Microsoftが必要と思われる更新の一覧が出るのでそのままボタンを押せば後は自動で行います
がservice pack の更新などは単独でしかできないので他をキャンセルして行う。
IE(Internet Explorer)などもOS の一部なのでそれらの更新も含みます。

ここでの注意事項
1. service pack の更新はサイズが大きく、時間がかかるので途中でキャ  ンセルをしないでインストールが終わるのをひたすら待つ。
2. 2000 のSP1,2からSP3への移行は直接できないのでダウンロードセン   ターから持ってきて下さい。
(http://www.microsoft.com/japan/ でダウンロードセンターを選ぶ。
  製品としてWindows 2000 を選択しキーワードとしてservice pack n   を指定する
  手順としては SP1 ==> SP2 ==> SP3 ですがサイズが大きくservice   pack の更新は128MB 位あってダイヤル回線では無理ですのでどこか  でダウンロードしてCD-R などに焼いてからインストールすること
  をお勧めします。)
3. SSL 対応になっていること

Windows update について
緊急度の差し迫っていない場合は原則として毎月第2水曜日
今まではインストール後再起動するのが通常でしたが、可能なかぎり再起動はしないでダウンロードのサイズも小さくする  というのが Microsoft からのお知らせです。
1件 ( 1 〜 1 )  新 | 古  1/ 1. /1 [ ▼降順 | ▲昇順 ]



パスワード
名前 :
メール :  アドレス非公開
タイトル :
本文 : 通常モード 図表モード HTMLモード 本文中のアドレスを自動リンク
    
暗証 : フォーム情報を保存  スレッド位置保持


★ワンポイント
 ※ "#{xx}" で当該スレッドへリンクを設定できます。(例: #{10})
 ※ ">>xx" で同一スレッド内の当該メッセージへのリンクを設定できます。(例: >>26 >>1-100)
 ※ 名前欄に 「#passcode」を加えることでパスコードになります。("passcode"は6〜10バイトの任意の文字列)
 ※ メールアドレスを公開しないでメールを受け取るには[アドレス非公開]をチェックします。

キーワード  曖昧検索